忍者ブログ
アイマス応援ブログ
[204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年も明けRDGさんの企画への返答を早くしないと。
そのうち

「こら~!!タカシP! 09年になったのに怠けてばっかいると・・・
つくばエクスプレスで
守谷→浅草間
引きずり回しの刑じゃ~!! エキサイティン☆」

「すすすす、すいません!! 新年から同人誌ばっか読んでた自分が悪いんです!!
あと・・・
せ、せめて常磐線にしてくれませんか・・・?
駅から出るときの上りエスカレーターがかったるくて・・・。
あ、何でもないですごめんなさい!!」


なんだこの北関東人にしか伝わらない会話
というわけでタカシPの返答をば続きから



surumeDさんの語りより
srumend.seesaa.net/article/110697756.html#more


「暗いから送ろうか?」
そういう言葉が欲しいですよね!

「ほら大丈夫だから。」
そして私はノックされる。

「そういえば明日の打ち合わせ・・・。」
私の中をよぎる黒いネコ。

「扉ってさあ。」
あれ今扉ってPさん言った?
私の中をぐるぐる回ってることばが
耳のすぐそばでぐるぐる、ぐるぐる回ってる。

夜の道は続く。深い闇の中を。
―そんな物語をあなたに―





>ガラクタさんの語りより↓
ameblo.jp/garakuta-easy/entry-10174039023.html

アニメーションってもともと『命を吹き込む』という事ですからね~。
自分はチェコやロシアのアニメに引かれてコマアニメを始めた身。
ストップモーションが一番身に合ってた気がしますw

つまり命を吹き込む・・・。それはゲーム内の彼女達にリアリティを吹き込む事まで繋がります。
ガラクタさんの物語。
それは「現実として刻みつけられる春香。」

あの時に果たせなかった約束・・・逃げ出した夜・・・。
プロデューサーさんは私の約束覚えてる?
立ちふさがる現実と黒猫に見守られた春香の世界の崩壊。
―そして開かれなかった扉―

吹き込まれた命は運命を知り深く沈む。
「ピノキオは本当に人間になれて幸せだったのでしょうか?」

誰も答える事の出来ない…生まれた影を見る物語。
―そんな物語をあなたに―


>キリコさんの語りより↓
imasmad.blog23.fc2.com/blog-entry-884.html

「・・・たぶん私は分かっていたと思う。
一緒に喜んで、泣いて、達成感を味わって・・・。
もしかしたらって思ってた。」

「でも開いたのは私の扉だけ
あの人の扉は開かなかった。

―とびら。とびら。
大きなとびらがひらかないのはなあぜ?」

「そして分かってはいたけど -
私は泣いてしまうんだろうな。

とびら!」

少女の前に見える二つの扉の物語。
―そんな物語をあなたに―






PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
タカシP
性別:
非公開
自己紹介:
しがないサラリーマンがニコ動で動画を投稿する日々を…。自作の動画はこちらから


ついったー↓
https://twitter.com/takaship

メールアドレス
vik7652008@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析