忍者ブログ
アイマス応援ブログ
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [72]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前の日記にも書きましたが「やられたちゃった女の子」の動画を作る際に凄く悩みました。

いざ出来て動画内でもらったコメ「春香さんがかわいそう。」
うう…そう言われるとなんとも…。

正直作る前に歌のタイトルを伏せてた自分も悪いのですが。
ただ春香の感じた悲しみや痛み、
そして胸を引き裂かれるような感情。

そういった内面を自分の持てる力全てをかけて表現したかったのです。

切り絵を使って春香の心象を極彩色で幻想的かつ魅惑的に描く。
手描きイラストを使って単色で現実世界の苦い色の無い世界を描く。

だから心象風景(切り絵)が色に満ちてるのは春香が色の無い残酷なこの世界を心の中だけでは色付けしようと必死の抵抗…。


ただ大勢の人の見るニコニコ動画でそういう事をして良かったのかなあと。
「アイマスってそういうゲームなの?」
このコメントを見た時にああっ…と。


「自意識過剰です。誰も気にしてないですよ。」
と言われればそれまでの事なのですが―。
アイドルマスターというゲームのキャラを無断で使っている以上一線を自分の中で踏み外してしまったのも確か。

本当は笑顔の絶えないアイマスの世界を作り出すのが目標なのですが…自分のやさぐれた心も表れたのかと今では反省。
ただ。


…登場キャラの内面にギリギリまで迫りたいという動画を作る際に封印した欲も沸いて出てくるんですよね…。

雪歩と真ならお互い無い物を持ち憧れる―。
しかし憧れだけでなくそこに憎しみも存在するのでは?

だから物語はこう―「世界で一番互いを深く愛し、また憎んだ物語。」
愛が深ければ憎しみもまた深いと自分は思うのです。

まあこんなの作っても喜ぶのは自分だけなので理解出来ない物を作っても仕方ないですからね。

…でこの方法論でどうしても表現したいキャラが一人います。
いつも笑顔を絶やさない彼女。
その屈託の無い笑顔の中、内面にどれだけ迫れるか。その心の中に悲しみはないのか?

タイトルは―「私の恋人」―


と…予定を立ててるのですが反面誰でも楽しめる作品のプランも構想中です。
7月は人様の企画や夏コミの手伝いをやりながら次作についてボ―ッと考えています。何分自分は制作のスペースが遅いので次の作品まで時間はかかりますけど…

それまでお付き合い下されば幸いです。こんなブログに足を運んでくれる皆さん本当にありがとうございます。

またいつもどうり予定と異なる作品が出来ると思いますが!
見た人の心に残るような物を精一杯作っていきたいです。それでは。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
タカシP
性別:
非公開
自己紹介:
しがないサラリーマンがニコ動で動画を投稿する日々を…。自作の動画はこちらから


ついったー↓
https://twitter.com/takaship

メールアドレス
vik7652008@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析