忍者ブログ
アイマス応援ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そーいえばアニマスについて書いてなかったのを思い出して!

いや毎週観てますよ・・・
危うくBD二巻予約損ねたりしたけど・・・

んでですね20話までみた感想なんですけど


呼吸が止まるかと思った。






なんですかあの千早の涙とカタルシスは!!

特にエロ要素も分かりやすい萌え要素もないアニマスですけど
丁寧に丁寧に
第一話からの複線を重ねて

繊細に物語を紡んでいってのこの20話なんですよ!!

そんなアニメだった事にまずびっくりだけど


春香のコンソメ・・・じゃなくてキャラメルのくだりをPが語るとこはもう・・・
なんかプロデューサーの位置も今のとこ絶妙なんだよなあ

遠すぎず近すぎず(今はね)


なんか手放しで褒めてるけど不満もそりゃあありますよ!
でも

あの時のアーケードの
あの時の家庭用の
あの時のゲームショウでの
あの時のイベントの

そしてスタッフや今井さんの思い
ファンの熱意
アイマス2での騒動や兆艘
アニメの演出コンテ

全ての六年以上の重みが重なってこの20話の結果なら!

それはとても素晴らしい事ではないでしょうか

なんか自分が千早の事を
過小評価してたのが恥ずかしい・・・

でもあなたはこんなにも多くの人に感動を与えられる人だったのですね!


自分が追いかけてきて間違いがありませんでした!
千早!感動と開放をありがとう!!


そして
私のするべき事は・・・
それは!!





BD買わなきゃ(2期につなげる意味で)
PR
さおりんは俺の嫁!


・・・
ひ、久しぶりだからって狂ってないですよ?
さおりんといえば雫

雫といえば高橋龍也

高橋龍也といえばアニマスの脚本



そう今日はアニマスのお話だー!!





まわりくどいわぁ!!

しかしそこのあなた。まだあわてるような時間ではない・・・

話は私が昨日アニマス15話見終わったとこから端を発します

「ああ
 すっげえ高橋回だ。高橋に違いない

と思ったら本当に高橋龍也脚本回でした。



つまりこの高橋龍也的触感

キャラ同士のやりとりを個性を出させつつ
気持ちよく進めていき郷愁を誘うポイントははずさないようにと・・・

私たちが確かに輝いていたあの頃を
みじんもなく伝えきる高橋龍也のシナリオの素晴らしさは何でしょう?


って雫や傷やってないとちんぷんかんぷんだけどな!


もっと評価されてもいいはずなんですけどね・・・高橋龍也は
とりあえず

私の原点かつビジュアルノベルゲー始祖の扱いにはふさわしくない・・・

キャラを嫌味なく自然に動かせるのが魅力かなーと思ってます。
うん
無理なく動かせるのは高橋龍也の強み

そういう触感を楽しみながら見ています~
いまさらだけど動画を投稿したよ!!

みなさん飽きもせずに観てくれて感謝の言葉も・・・
いつもながらありがとうございます!!


んで


なんでいまさらなんだてめーと思われる方がいるかもしれませんが!!
純粋に怖かったんですよww


んーやっぱり「これはあかん!」
と思い込んでしまうとどうしても自分の動画見返すの怖いんですよ!!

それでなくても今は妻や子供との今後に希望と恐怖を抱いてるんで・・・




考えてみたら私が結婚生活していいの?みたいな思いはまだあるんですよ。
立ち止まると考え込んでしまうので立ち止まらないようにしてるけどw

でもしっかり力の限りやりますけどね!!

動画は立ち止まってしまったというww
こんなスパンコールが・・・神サマー!!


あとアニマスは丁寧でしっかり作られて大変良いのですがもっと冒険してもいいんじゃないでしょうか。

たとえばディレ1を実写で登場させるとか



ではまた!!!


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
タカシP
性別:
非公開
自己紹介:
しがないサラリーマンがニコ動で動画を投稿する日々を…。自作の動画はこちらから


ついったー↓
https://twitter.com/takaship

メールアドレス
vik7652008@yahoo.co.jp
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析